大原雄介のエレ・組み込みプレイバック

これを読めばここ1カ月のエレクトロニクス/組み込み業界の動きが分かる連載。注目すべき市場動向と注目すべき製品を取り上げます。

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

2016年春、安定経営といわれていたAtmelがMicrochipに買収された。買収に至る背景と経緯と、同種企業の統合の困難さについて触れてみたい。

【大原雄介 , TechFactory】()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

AIの中で「CNN(畳み込みニューラルネットワーク)」はAlphaGoのような華々しい事例もあり依然として注目されている。それはエレクトロニクス/組み込みベンダーも同様であり、CNNによる推論という手法は定着するといえるだけの理由がそろっている。

【大原 雄介 , TechFactory】()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

AppleによるImaginationへのIP利用停止宣言は、1981年に産声を上げた「MIPSアーキテクチャ」の終わりを告げるものとなる可能性を秘めている。MIPSの歴史をひもときながら、その行く末を考察する。

【大原 雄介 , TechFactory】()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

猛威を振るったランサムウェア「WannaCry」はWindows OSの脆弱性を利用したもので、Windows XPベースで駆動するATMやPOSにも多数の被害をもたらした。そこからあぶり出されたのは、まだまだ続くXPとの付き合いの長さである。

【大原 雄介 , TechFactory】()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

IoTが招く「データの爆発」にAI(ディープラーニング、DNN)で対応する動きが本格化しており、組み込み機器におけるDNNの推論(実行)を担う半導体チップの競争も激化の様相を呈している。

【大原 雄介 , TechFactory】()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

IoT向け通信技術として注目を集めている「LPWA(Low Power Wide Area)」だが、複数の規格やサービスが登場しておりさながら群雄割拠の様相を呈している。本格展開はいずれも行われていないが、既に生き残りを賭けた争いが始まっている。

【大原 雄介 , TechFactory】()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

インターシル買収を進めていたルネサスが、その完了と時を同じくして各方面の動きを活発化させている。その動きの理由をインターシルの財務諸表から読み解く。

【大原 雄介 , TechFactory】()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

Mentor Graphicsを買収した独Siemensだが、Mentor以外にもさまざまな企業と提携し、単一的な事業構造とならないよう留意している。Bentley Systemsとの電力分野における提携もその1つだ。

【大原 雄介 , TechFactory】()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

エレクトロニクス業界の2016年12月にM&Aのような大きなニュースはなかったが、ADIが中国の電力配送会社と共同研究を開始すると発表した。中堅イメージのあるADIの将来を見据えた取り組みの狙いとは。

【大原 雄介 , TechFactory】()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

これを読めば「ここ1カ月の注目すべき、エレクトロニクス業界の市場動向と注目すべき製品」が分かるこの連載。今回は2016年11月半ばに発表されたGE PredixとPTC ThingWorxの協業の「目的」を考察します。

【大原 雄介 , TechFactory】()
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

これを読めばここ1カ月のエレクトロニクス/組み込み業界の動きが分かる新連載。注目すべき市場動向と注目すべき製品を取り上げます。

【大原雄介 , TechFactory】()