メディア
連載
» 2020年07月13日 09時00分 公開

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:SonicBOOM/SiemensがUltraSoC買収/Intel去るJim Keller氏の次は? (1/3)

エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2020年6月の業界動向の振り返りとして、SonicBOOMの話題とSiemensがUltraSoCを買収した件、そしてIntelを離職したJim Keller氏がどこに転職するのか、といった話をお届けする。

[大原雄介,TechFactory]

 国内では一段落した(とか言いながらまた感染者数が増えていて予断は許さないが)COVID-19だが、日本と台湾を除くとまだ激しい事になっており、それもあって相変わらずいろいろ支障が出ており、新しい話もやや減り気味である。そんな訳で今月もアラカルトでいくつかお届けする。

SonicBOOM

 6月というよりもぎりぎり5月の話なのであるが、2020年5月29日にCARRV(Computer Architecture Research with RISC-V) 2020がオンラインで開催された。これはRISC-Vをターゲットとした4度目のワークショップで、RISC-Vに関係したものであれば割と何でも出すことができる。そのCARRV 2020にUC Berkeleyから発表されたのがSonicBOOMである。もともとBerkeleyではBOOMというOut-of-OrderのRISC-Vコア: The 3rd Generation Berkeley Out-of-Order Machineである。そのSonicBOOMの内部構造を簡単にまとめたのがこちらだ(図1)。

photo 図1 SonicBOOMの内部構造

 これを見て「アレ?」と思われる読者の方もおられよう。何で「アレ?」かというと、IntelのHaswell世代のCoreプロセッサと非常ににた内部構造だからだ。図2がそのHaswellの内部構造である。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.