メディア

“つながる工場”の現状と課題

“つながる工場/スマート工場”実現に向けた取り組みが進む中、IoTやAIなどを活用した事例や成果が出始めている。本特集では、工場・製造業におけるIoT/AI活用成功の秘訣(ひけつ)や課題解決、導入検討の助けとなる「技術資料」「製品/サービス情報」「事例」「調査レポート」などのコンテンツをまとめてお届けする。

注目コンテンツ −“つながる工場/スマート工場”−

レポート:

製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」は2021年6〜7月、「つながる工場の現状と課題」をテーマとしたアンケート調査を実施。“つながる工場”や“スマートファクトリー”への取り組みはどこまで進でいるのか?

Special Contents -PR-

クラウドIoT:

これからのビジネスに欠かせないIoT。働き方改革やコロナ禍によるリモートワークの需要増、安価に始められるなどの利便性から「クラウドIoT」への注目が高まっている。一方、いざIoT化を始める際にハードルとなるのが、センサー選定や接続方法、クラウド環境設定などだ。エッジからクラウドまでワンストップでサポートする“クラウドIoTの最速手法”とは?

オススメ記事 −“つながる工場/スマート工場”−

スマート工場最前線:

ロボコム・アンド・エフエイコムは2021年6月28日、福島県南相馬市に先進デジタル技術を取り込んだスマート工場「ロボコム・アンド・エフエイコム南相馬工場」を開所した。製造現場の情報をリアルタイムでデジタル空間に再現する「デジタルツイン」により、24時間稼働の変種変量生産が可能だとしている。

(2021年7月5日)
IIoTの課題解決ワンツースリー(7):

産業用IoT(IIoT)の活用が広がりを見せているが、日本の産業界ではそれほどうまく生かしきれていない企業も多い。IIoT活用を上手に行うためには何が課題となり、どういうことが必要になるのか。本稿ではIIoT活用の課題と成果を出すポイントを紹介している。第7回では、IIoT活用に必須の「データの標準化」と、これに対するIIoTプラットフォーム活用のポイントを解説する。

(2021年6月21日)
いまさら聞けないスマートファクトリー(1):

インダストリー4.0やスマートファクトリー化が注目されてから既に5年以上が経過しています。積極的な取り組みを進める製造業がさまざまな実績を残していっているのにかかわらず、取り組みの意欲がすっかり下がってしまった企業も多く存在し2極化が進んでいるように感じています。そこであらためてスマートファクトリーについての考え方を整理し、分かりやすく紹介する。

(2020年10月6日)
製造業×IoT キーマンインタビュー:

カシオ計算機では、モノづくり全工程の「スマート化構想」により、社内におけるモノづくり力の再強化に取り組む。なぜ「スマート化構想」を推進するのか。どのような取り組みを行っているのか。同プロジェクトを統括するカシオ計算機 執行役員で生産本部長の篠田豊可氏に話を聞いた。

(2020年10月28日)
スマートファクトリー最前線:

2020年1月にWEFによる「第4次産業革命を主導する世界的先進工場(ライトハウス)」に選ばれた日立製作所の大みか事業所。世界の中でも先進的な取り組みを進めるスマートファクトリーとして評価された工場となったわけだが、具体的にはどういう取り組みを行っているのだろうか。同工場の取り組みを紹介する。

(2020年3月17日)
製造業IoT:

日本電機工業会(JEMA)は2020年5月25日、IoT(モノのインターネット)による製造業の変革に関する提言書「製造業2030」の2019年度版を公開した。

(2020年5月26日)
製造業IoT:

i Smart Technologiesと旭鉄工は2020年5月27日、「旭鉄工の考えるアフターコロナに向けた製造業経営」をテーマにオンラインセミナーを開催。i Smart Technologies CEO 兼 旭鉄工 代表取締役社長の木村哲也氏が登壇し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が広がる中で、製造業がどういう手を打つべきかについて旭鉄工での取り組みを踏まえて考えを述べた。

(2020年5月28日)
MONOist 2020年展望:

IoTやAIを活用したスマートファクトリー化への取り組みは広がりを見せている。ただ、スマート工場化の最初の一歩である「見える化」や、製造ラインの部分的な効率化に貢献する「部分最適」にとどまっており、「自律的に最適化した工場」などの実現はまだまだ遠い状況である。特にその前提となる「工場全体のつながる化」へのハードルは高く「道筋が見えない」と懸念する声も多い。そうした中で、2020年はようやく方向性が見えてきそうだ。キーワードは「下は強く、上は緩く結ぶ」である。

(2020年1月9日)

Sponsored