メディア

“つながる工場”の現状と課題

“つながる工場/スマート工場”実現に向けた取り組みが進む中、IoTやAIなどを活用した事例や成果が出始めている。本特集では、工場・製造業におけるIoT/AI活用成功の秘訣(ひけつ)や課題解決、導入検討の助けとなる「技術資料」「製品/サービス情報」「事例」「調査レポート」などのコンテンツをまとめてお届けする。

注目コンテンツ −“つながる工場/スマート工場”−

レポート:

製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」は2020年6〜7月、「つながる工場の現状と課題」をテーマとしたアンケート調査を実施。“つながる工場”や“スマートファクトリー”への取り組みはどこまで進んでいるのか?

Special Contents -PR-

Cassia ロケーショニング キット with Azure:

屋内で人や物の「位置を知りたい」というニーズに対し、導入時のコストや時間、手間などで二の足を踏むケースは少なくない。東京エレクトロンデバイス(TED)の位置認識ソリューション「Cassia ロケーショニング キット with Azure」は、屋内でのリアルタイム測位システムを低コスト、短期間で簡単に立ち上げられ、スケールアップも容易だ。

注目の屋内位置認識ソリューション:

人やモノの位置を明らかにする屋内位置認識ソリューションは、構築コストや運用の手間などがネックとなって導入をためらう企業もいる。そこでおすすめしたいのが、開発不要で低コスト・短期間で構築可能なリアルタイム測位システムだ。

理想のIoTシステムをノウハウなしに構築:

製造現場で高まるIoTのニーズ。だがその活用には課題も多い。各デバイスから必要なデータを取り出して安全に連携させ、現場で改善を続けられる“理想のIoTシステム”をノウハウなしに構築できるのが、セゾン情報システムズの「HULFT IoTソリューション」だ。

オススメ記事 −“つながる工場/スマート工場”−

スマートファクトリー最前線:

2020年1月にWEFによる「第4次産業革命を主導する世界的先進工場(ライトハウス)」に選ばれた日立製作所の大みか事業所。世界の中でも先進的な取り組みを進めるスマートファクトリーとして評価された工場となったわけだが、具体的にはどういう取り組みを行っているのだろうか。同工場の取り組みを紹介する。

(2020年3月17日)
製造業IoT:

日本電機工業会(JEMA)は2020年5月25日、IoT(モノのインターネット)による製造業の変革に関する提言書「製造業2030」の2019年度版を公開した。

(2020年5月26日)
製造業IoT:

i Smart Technologiesと旭鉄工は2020年5月27日、「旭鉄工の考えるアフターコロナに向けた製造業経営」をテーマにオンラインセミナーを開催。i Smart Technologies CEO 兼 旭鉄工 代表取締役社長の木村哲也氏が登壇し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が広がる中で、製造業がどういう手を打つべきかについて旭鉄工での取り組みを踏まえて考えを述べた。

(2020年5月28日)
MONOist 2020年展望:

IoTやAIを活用したスマートファクトリー化への取り組みは広がりを見せている。ただ、スマート工場化の最初の一歩である「見える化」や、製造ラインの部分的な効率化に貢献する「部分最適」にとどまっており、「自律的に最適化した工場」などの実現はまだまだ遠い状況である。特にその前提となる「工場全体のつながる化」へのハードルは高く「道筋が見えない」と懸念する声も多い。そうした中で、2020年はようやく方向性が見えてきそうだ。キーワードは「下は強く、上は緩く結ぶ」である。

(2020年1月9日)
スマート工場最前線:

Q・B・B ブランドで知られる六甲バターは2019年10月に新たな製品検査装置として、AI(人工知能)を活用した最終製品検査システムをベビーチーズ工程において導入し、成果を生み出しつつあるという。2年半かけて導入したという。同社の取り組みを紹介する。

(2019年12月5日)
産業用ネットワーク技術解説:

世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ」の主催者であるドイツメッセは2020年7月14〜15日に初のデジタルイベント「ハノーバーメッセDigital Days」を開催した。本稿では、キーノートスピーチの1つに登壇した5G-ACIA 議長のアンドレアス・ミュラー(Dr. Andreas Mueller)氏による「5G for the Industrial IoT(産業用IoTのための5G)」の内容を紹介する。

(2020年7月21日)
製造現場向けAI技術:

マクニカとマクニカネットワークスは2020年7月2〜3日と9〜10日の4日間、シンポジウム「Macnica Networks DAY 2020+macnica.ai」をオンライン形式で開催した。本稿では、マクニカイノベーション戦略事業本部カスタマーサクセス部課長の本村健登氏による「製造業はAIごときで立ち止まるな〜Industrial DXを実現した企業の5つの秘密〜」の内容を紹介する。

(2020年7月27日)
モノづくり最前線レポート:

米PTCは2020年6月9日(現地時間)、同社初となるバーチャルライブイベント「LiveWorx 20 Virtual」を開催した。本稿では「Expanding Human Possibility(人の可能性の拡張)」をテーマとした、米Rockwell Automation会長兼CEOのブレイク・モレット氏による講演の内容を紹介する。

(2020年6月22日)