電気設計者の課題と解決

「電気設計者の課題と解決」をテーマに、関連する技術解説記事やダウンロード資料などをお届けします。

注目コンテンツ

レポート:

製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」では、2018年7月に製造業における「電気設計者の課題」に関する調査を実施した。調査では、問題視されている課題や課題解決の手法、ツール群への期待などが明らかになった。

【PR】

デジタルツインの導入効果を紹介:

21世紀のモノづくりの原動力となりつつある「デジタルツイン」は、製品ライフサイクル全体を通じて大きなメリットをもたらす。本稿では電気設計の現場での活用例として、制御盤設計のデジタルツイン化による代表的な10つの導入効果を紹介。

おすすめ記事

超速解説 デジタルツイン【設計領域】:

IoTを活用して取得したデータは、製造現場の“見える化”に代表される下流工程の改善だけではなく、上流の“設計”にも活用すべきだ。そのキーワードが、現実世界の製品の動きや振る舞いを、デジタル世界で完全にコピーする「デジタルツイン」である。本稿では、設計におけるデジタルツインの活用事例を交えながら、その概要と有効性を詳しく解説する。

(2018年5月17日)
超速解説 BOM:

「BOM(Bill Of Materials:部品表)」とは? その基本的な考え方から、複雑化する現代のモノづくりにおいてBOMが不可欠な理由、そしてBOMに求められる機能まで詳しく解説します。IoTやARを活用した最先端のモノづくりに対応するためにも、あらためてBOMの在り方について理解を深めてみてはいかがでしょうか。

(2018年6月20日)
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2019年7月の業界動向の振り返りとして、Armが発表した新しいライセンス形態「Arm Flexible Access」とその背景を考察する。

(2019年8月27日)
大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:

エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウォッチする連載。今回は、経営陣の入れ替わりや大型M&Aの話題で持ち切りだった2018年の動きを振り返りつつ、その後の動向をフォローアップしながら、2019年のエレクトロニクス/組み込み業界動向を予測する。

(2019年2月25日)
新製品発表会|シーメンス:

シーメンスは、ミッドレンジ3D CAD「Solid Edge」の最新バージョンである「Solid Edge 2019」を発表した。ミッドマーケットに向けてポートフォリオを拡充し、機械設計のみならず、その他の周辺プロセスや業務に役立つ機能、ソリューション群の強化も図られている。

(2018年6月27日)
超速解説 デジタルツイン【設計領域】:

IoTを活用して取得したデータは、製造現場の“見える化”に代表される下流工程の改善だけではなく、上流の“設計”にも活用すべきだ。そのキーワードが、現実世界の製品の動きや振る舞いを、デジタル世界で完全にコピーする「デジタルツイン」である。本稿では、設計におけるデジタルツインの活用事例を交えながら、その概要と有効性を詳しく解説する。

(2018年5月17日)
特選ブックレットガイド:

転職活動で使える! 職務経歴書作成のポイントとは? 今回は電気制御設計者/電気電子回路設計者編をお届けします。

(2016年11月25日)
ワコム ECAD DCX Standard:

ワコムは、データベース型電気設計CAD「ECAD DCXシリーズ」の製品ラインアップを拡充。機能を電気設計で使用するものに絞ることで低価格化を実現した「ECAD DCX Standard」の提供を開始する。

(2017年2月27日)
電気設計者の課題と解決
Loading