連載
» 2019年02月25日 09時00分 公開

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:激しさ増す“x86 vs Arm”の戦い、そしてArmを猛追するRISC-V 2019年動向予測 (1/2)

エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウォッチする連載。今回は、経営陣の入れ替わりや大型M&Aの話題で持ち切りだった2018年の動きを振り返りつつ、その後の動向をフォローアップしながら、2019年のエレクトロニクス/組み込み業界動向を予測する。

[大原 雄介,TechFactory]

 2019年1月は「CES」などもあって大きな動きが見られるかと思いきや、意外とそうでもなかった。CESに関しては、こちらに記事がまとまっているので興味のある方はご覧いただければと思うが、細かくはいろいろな製品/サービスなどが出てきてはいるものの、“大きなトレンド”になるようなモノは見当たらなかった気がする。

 その他の大きな動きとしては、やっとIntelのCEOが決まったことだろうか。ただ、結果からいえば、2018年からCFO兼暫定CEOを務めていたRobert Swan氏が正式なCEOに昇格したというもので、無難ではあるが大きな変革が期待できそうな感じはない。Intelも創業50年を超えて、そろそろいろいろな変革が必要ではないのか? という気もするのだが、その時期がやや遠ざかる可能性が強くなったように感じる。まずはSwan氏の今後の手腕を拝見したいところだが、就任初日にSwan氏が従業員に送ったメールを見る限りは、そうした動きは特に見当たらないようだ。

 そんなわけで今回は2018年を振り返りつつ、その後の動向なども含めてフォローアップしていきたいと思う。

激しい経営陣の入れ替わり

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading