ニュース
» 2018年06月27日 09時00分 公開

新製品発表会|シーメンス:中小製造業のデジタル変革に最適な「Solid Edge 2019」、電気設計ツールも統合 (1/2)

シーメンスは、ミッドレンジ3D CAD「Solid Edge」の最新バージョンである「Solid Edge 2019」を発表した。ミッドマーケットに向けてポートフォリオを拡充し、機械設計のみならず、その他の周辺プロセスや業務に役立つ機能、ソリューション群の強化も図られている。

[八木沢篤,TechFactory]

「Solid Edge 2019」発表、7つの強化ポイントとは?

 シーメンスは2018年6月18日、ミッドレンジ3D CAD「Solid Edge」の最新バージョンである「Solid Edge 2019」を発表した。

 前バージョンまでは「Solid Edge ST10」と製品名に、Solid Edgeの代名詞でもある「Synchronous Technology(シンクロナステクノロジー)」を示す“ST”の文字が含まれていた。今回、ヒストリー型/ノンヒストリー型のモデリングの良さを併せ持つハイブリッド環境を実現するシンクロナステクノロジーの認知度が向上したことを受け、シンプルに年度を採用した製品名(Solid Edge 2019)となった。

 Solid Edgeは大手のみならず、中堅、中小企業を対象にしたミッドマーケットに向けてポートフォリオを拡充しており、機械設計だけでなく、その他の周辺プロセス、業務に役立つ機能やソリューション群の強化、拡張が進められている。

 今回発表の最新バージョンSolid Edge 2019にはさまざまな機能拡張が施されているが、発表会では機械設計、電気設計、解析、製造、技術文書、データ管理、協調開発の7つにポイントを絞り説明が行われた。


(1)機械設計:次世代の設計に向けて

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading