メディア
連載
» 2021年09月13日 09時00分 公開

2021年8月のM&Aを振り返る大原雄介のエレ・組み込みプレイバック(1/3 ページ)

エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、8月に多数行われたM&Aについて、それぞれの方向性や目的をまとめてみた。

[大原雄介,TechFactory]

 2021年8月はいろいろとM&Aが盛んだった月、ともいえる。ちょっと並べてみると

  • 8月3日 MarvellがInnoviumを買収
  • 8月18日 RambusがPLDAを買収完了
  • 8月27日 ADIがMaximを買収完了
  • 8月30日 SynapticsがDSP Groupを買収
  • 8月31日 RenesasがDialogを買収完了

といった状況になっている。加えるとAMDによるXilinxの買収であるが、買収に必要となる各国の承認のうち、EUに関しては6月末に取得、7月1日付で公示されている。残るは中国のみであるが、WCCFtechの8月5日付けの報道によれば順調とのことで、年内の承認取得と、これに伴う買収完了に向けて順調に推移しているといえる。

 ところで今回ご紹介する8月の買収、それぞれに目的というか方向性がだいぶ違っているのがちょっと面白いので順に説明したい。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.