ニュース
» 2018年03月05日 15時00分 公開

AQ2200-232:横河計測、光通信関連製品の製造試験や検査に適した光センサーヘッド発売

横河計測は、高確度で安定して光パワーを測定できる光センサーヘッド「AQ2200-232」を発売した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]
中央:光センサーヘッド、左:インタフェースモジュール 出典:横河計測 中央:光センサーヘッド、左:インタフェースモジュール 出典:横河計測

 横河計測は2018年1月30日、高確度で安定して光パワーを測定できる光センサーヘッド「AQ2200-232」を発売した。

 AQ2200-232は、同社の光通信関連機器用マルチアプリケーションテストシステム「AQ2200」シリーズの新ラインアップとなる。光伝送装置や光トランシーバーなど光通信関連製品の製造試験や検査、光計測器の光パワー校正に適している。


 シンプルな光学系、受光素子の恒温制御などにより環境依存度を抑えた。これにより、パワー測定時の不確かさ性能が業界最高クラスの±1.8%に。レーザーパワーの校正用基準器としても使用できる。

 AQ2200-232は直径5mmの受光素子を搭載。大口径センサーにより、手元で空間光測定ができる。単一レンジで測定可能なパワーの範囲を30デシベルに拡大し、I-L特性(駆動電流対光パワー特性)を高速に測定できる。また、+15dBm(dBm=1mWあたりのデシベル)まで測定可能とし、近年の光パワーの高出力化に対応する。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.