連載
» 2017年12月13日 09時00分 公開

IoT時代の組み込み系ソフトウェア品質(5):ソフトウェア品質のためにテストが「できること」「できないこと」 (1/5)

テストは品質を守る最後の守護者であるが、品質はテストだけで守られる訳ではない。しかしその関係は深く、テストは品質を導く水先案内人といえる。ここでは、テストが品質に対して「できること」と「できないこと」を説明したい。

[五味弘,TechFactory]

テストが品質のためにできること

 テストは品質を丸裸にする。品質の全てをさらけ出し、その美点と弱点を見つける。そして美点を伸ばし、弱点をカバーすることになる。

ソフトウェアテストが品質に与える効果と恐怖

 テストはソフトウェアの欠陥がないことを完全に保証できないが、欠陥を見つけることはできる。テストを実行すると、観測事実として、期待する動作と違うという障害が見つかる。この障害を分析することで、その原因である欠陥が見つかる。これがテストの果たす本来の役割である。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.