メディア
ニュース
» 2019年01月21日 07時00分 公開

武藤工業 MF-2500EP II:同一モデルを2つ同時に出力できるデュプリケート機能搭載のFDM方式3Dプリンタ

武藤工業は、自社製高温デュアルヘッドを搭載したエンジニアリングプラスチック対応のFDM方式3Dプリンタの最上位機種「MF-2500EP II」と旭化成製「テナック」を使用したポリアセタール(POM)フィラメントの販売開始を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]
MF-2500EP IIの本体イメージ MF-2500EP IIの本体イメージ(出典:武藤工業)

 武藤工業は2019年1月15日、自社製高温デュアルヘッド(300℃対応)を搭載した、エンジニアリングプラスチック対応のFDM方式3Dプリンタの最上位機種「MF-2500EP II」の販売開始を発表した。本体価格(税別)は85万円で、初年度の販売目標台数は年間100台を見込む。

 最大300×300×300mmの大型造形を、300℃対応の自社製高温デュアルヘッドにより、高速出力できるという。

 それぞれのヘッドに別々のマテリアルフィラメントを装填(そうてん)でき、芯材と表面材料を使い分けることで、造形製造にかかるコスト低減はもちろんのこと、2色造形といった幅広い活用が可能となる。

2種類のマテリアルによる造形イメージ 2種類のマテリアルによる造形イメージ(出典:武藤工業)

「デュプリケート機能」により同一モデルを2つ同時に出力可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading