特集
» 2019年03月20日 09時00分 公開

シーメンスPLMソフトウェア:産業用3Dプリント技術の本格活用に不可欠な4つの条件 (1/2)

金属3Dプリンタをはじめとする産業用Additive Manufacturing(AM:積層造形)技術を本格的かつ大規模に活用し、真の価値を引き出すためには? シーメンスPLMソフトウェアがそのポイントを解説した。

[八木沢篤,TechFactory]

産業用AM(積層造形)技術の活用に求められるもの

 シーメンスPLMソフトウェアは2019年3月14日、同社 アディティブ・マニュファクチャリング担当 バイスプレジデントのアーロン・フランケル(Aaron Frankel)氏の来日に伴い、産業用Additive Manufacturing(AM:積層造形)の最新動向と、同社の取り組みを紹介する記者説明会を開催。産業用AMの可能性、AMを活用する上での障壁、そして、それらをクリアにするシーメンスのソリューションについて詳しく説明した。

 冒頭、フランケル氏は「AMを活用した試作や実験などはある程度、誰でも行えるようになってきた。しかし、産業用途でAMを活用するとなると、設計段階からAMに最適化する必要があり、製造に関しても高精度かつ高い再現性を実現した造形が求められる」と指摘する。

 そして、こうした要求をクリアし、本格的かつ大規模に産業用AMを活用するためには、次の4つの項目を実現する必要があるという。その4つとは、

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading