ニュース
» 2019年01月16日 08時00分 公開

矢野経済研究所 3Dプリンタ世界市場規模:大きな伸びが期待される金属3Dプリンタ、課題は使いこなす力量!?

矢野経済研究所は、3Dプリンタ世界市場に関する調査結果の概要を発表した。2015〜2021年までの年平均成長率(CAGR)は16.7%で推移し、2021年の3Dプリンタ世界市場規模は48万台に到達すると予測する。

[八木沢篤,TechFactory]

 矢野経済研究所は、3Dプリンタ世界市場に関する調査結果の概要を発表した。

 3Dプリンタの世界市場規模は、2017年実績で前年比18.4%増の27万台(メーカー出荷数量ベース)となった。市場では60万円未満のローエンド3Dプリンタと、60万円以上のハイエンド3Dプリンタの二極化が進行していると指摘する。2018年は前年比16.7%増の31万5000台を予測。2015〜2021年までの年平均成長率(CAGR)は16.7%で推移し、2021年の3Dプリンタ世界市場規模は48万台に到達すると、矢野経済研究所はみている。


3Dプリンタの世界市場における日本の占める割合は……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading