ニュース
» 2018年10月18日 07時00分 公開

レベル2+の運転支援が可能:ボルボ、2020年代初頭から「NVIDIA DRIVE AGX Xavier」搭載の次世代車を量産へ

Volvo Cars(ボルボ)とNVIDIAは、ボルボの次世代車両にNVIDIAのAI自動車コンピュータ「DRIVE AGX Xavier」を搭載し、2020年代初頭から量産開始すると発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 Volvo Cars(ボルボ)とNVIDIAは2018年10月10日(ドイツ時間)、ボルボの次世代車両にNVIDIAのAI自動車コンピュータ「DRIVE AGX Xavier」を搭載し、2020年代初頭から量産開始すると発表した。

 ボルボは、NVIDIAのDRIVE AGX Xavierを採用することにより、自動運転機能の開発を効率化でき、開発とサポートの総費用を削減できるという。初期のプロダクションリリースでは、これまでの先進運転支援システムをさらに進化させた「レベル2+」の運転支援機能が装備されることになる。

NVIDIAのAI自動車コンピュータ「DRIVE AGX Xavier」 NVIDIAのAI自動車コンピュータ「DRIVE AGX Xavier」 出典:NVIDIA

「レベル4」への布石、高度に自動化された運転システムの実現へ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading