特集
» 2019年02月19日 09時00分 公開

SOLIDWORKS World 2019:EV普及の起爆剤となるか!? SparkChargeのポータブル高速充電ユニット

EV(電気自動車)の普及を妨げる走行距離や充電インフラ整備、充電スピードといった問題を、ユニークなプロダクトとアイデアで解決しようと立ち上がったのが、米国のスタートアップ企業SparkCharge(スパークチャージ)だ。SparkChargeが開発するポータブル高速充電ユニットの魅力、その可能性について紹介する。

[八木沢篤,TechFactory]

 EV(電気自動車)普及の鍵の1つとされるのが、走行距離である。1回の充電でどこまで走ることができるのか。これを達成するため、バッテリーそのものを大容量化したり、高効率化したりといったことが行われているわけだが、同時に充電時間の高速化や充電インフラの整備、拡充にも取り組まなければならない。特に充電インフラ不足は国土の広い米国におけるEV普及を妨げる要因の1つとなっており、その解決が求められている。

SparkChargeが開発するEV用のポータブル高速充電ユニット SparkChargeが開発するEV用のポータブル高速充電ユニット ※出典:SparkCharge

 こうした課題を、ユニークなプロダクトとアイデアで解決しようとする米国のスタートアップ企業がある。SparkCharge(スパークチャージ)だ。

 SparkChargeのプロダクトとは一体どのようなものなのか。その独自性とは。「SOLIDWORKS World 2019」(米国時間:2019年2月10〜13日)の基調講演で行われた「3DEXPERIENCE Pitch」でのプレゼンテーションの模様と、日本の報道陣向けに行われたインタビューの内容を基に、SparkChargeの魅力とその可能性について紹介する。


スマホで注文、ピザのように高速充電ユニットをデリバリーしてくれる世界

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading