特集
» 2019年02月13日 07時15分 公開

SOLIDWORKS World 2019:「xDesign」に続く、SOLIDWORKSブランド第2のxApp「xShape」登場

SOLIDWORKSの年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2019」において、Webブラウザベースの3次元設計環境「SOLIDWORKS xDesign」に続く、新たなxAppアプリケーションとして「SOLIDWORKS xShape」が発表された。その特長や狙いを解説する。

[八木沢篤,TechFactory]

 「デスクトップ」と「クラウド」の両輪による製品戦略を推し進めるダッソー・システムズ・ソリッドワークスは、年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2019」(会期:現地時間2019年2月10〜13日/場所:米国テキサス州ダラス)において、Webブラウザベースの3次元設計環境「SOLIDWORKS xDesign」(以下、xDesign)に続く、新たなxAppシリーズアプリケーションとして、「SOLIDWORKS xShape」(以下、xShape)を発表した。

「SOLIDWORKS xDesign」に続く、第2のxApp「SOLIDWORKS xShape」を発表した 「SOLIDWORKS xDesign」に続く、第2のxApp「SOLIDWORKS xShape」を発表した

 xDesignおよびそのコンセプトは3年前の「SOLIDWORKS World 2016」で発表されたもの(関連記事:設計者に最適形状を提案する「Xdesign」がデザインにイノベーションを起こす!?)で、クラウド世代に向けたWebブラウザベースの設計環境で、既存のデスクトップ版SOLIDWORKSユーザーのみならず、学生やメイカー、アーティストといった全くの新規層に向けた製品として開発が進められてきた。毎年「SOLIDWORKS World」でその進捗が報告されてきたが、今回新たに発表したxShapeとともにいよいよ製品化のめどが立ってきたという。

 本稿では、新たなxAppとして登場したxShapeにフォーカスし、その特長や狙いについて、xAppシリーズの開発責任者であるStephen Endersby氏の話を交えながら詳しく紹介する。


SOLIDWORKSユーザーが諦めていた形を「xShape」で実現、その特長とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading