メディア
特集
» 2019年02月26日 09時00分 公開

SOLIDWORKS World 2019:開かれた3DEXPERIENCEの扉――その変化にSOLIDWORKSユーザーは何を思う (1/3)

SOLIDWORKSの年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2019」で発表された新戦略「3DEXPERIENCE.WORKS」。より“ダッソー・システムズ色”が強まったといえるこの動きに、SOLIDWORKSユーザーは何を思うのか。3つの視点にフォーカスして、同イベントを振り返ってみたい。

[八木沢篤,TechFactory]

 今回の「SOLIDWORKS World 2019」(会期:現地時間2019年2月10〜13日/場所:米国テキサス州ダラス)は、どちらかというと新製品や新機能にフォーカスした従来の内容というよりも、戦略やビジョンに関するSOLIDWORKSとしての(ダッソー・システムズとしての?)意思表示、宣言のような側面を強く感じた。

 一言でいうと、より“ダッソー・システムズ色”が強まったといえる。現地にいたSOLIDWORKSユーザーからは「いよいよか」との不安とも取れる声も聞かれ、“その変化”をどう受け止めてよいか思いをめぐらしている様子だった。

 このたびの開催を含めて過去5回、SOLIDWORKS Worldの取材をしてきた立場から、彼らがこれまで訴え続けてきた、

  1. ユーザーコミュニティーとの絆
  2. SOLIDWORKSの垂直/水平展開
  3. 3DEXPERIENCEプラットフォームとの連携強化

の3つの視点にフォーカスし、SOLIDWORKS(あるいはこのイベント)がどう変わろうとしているのか整理してみたいと思う。


ユーザーコミュニティーとの絆

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading