ニュース
» 2017年06月20日 08時00分 UPDATE

日本TI AMIC110:EtherCATなど10種類以上の産業用通信規格をサポートするネットワークSoC

日本TIがイーサネットに加えて多数のフィールドバスをサポートしたマルチプロトコル対応の産業用通信プロセッサを出荷開始した。

[渡邊宏,TechFactory]
日本テキサス・インスツルメンス「AMIC110」

 日本テキサス・インスツルメンツは産業用イーサネットなど多数の通信規格に対応し、コストパフォーマンスに優れたネットワークSoC「AMIC110」を提供開始した。1000個受注時の参考価格は6.75ドルである。

 新製品は最大300MHz駆動のARM Cortex-A8をベースとしたSoC。イーサネットに加えてEtherCATやEtherNet/IP、Ethernet POWERLINK、PROFIBUS、PROFINET RT/IRT、SERCOS IIIなど多数のプロトコルに対応しており、提供されているSDKや通信サブシステムのPRU-ICSSを利用することで柔軟性の高い産業ネットワークシステムを構築できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.