ニュース
» 2018年09月28日 07時00分 公開

MathWorks:ディープラーニング機能を拡張したMATLAB/Simulinkの最新版「Release 2018b」

MathWorksは、MATLAB/Simulink製品ファミリーの最新版「Release 2018b」を発表した。Release 2018bでは、製品ファミリー全体にわたる新機能追加やバグ修正が行われた他、ディープラーニングに関する機能が大幅に強化された。

[八木沢篤,TechFactory]

 MathWorksは2018年9月19日、MATLAB/Simulink製品ファミリーの最新版「Release 2018b」を発表した。Release 2018bでは、製品ファミリー全体にわたる新機能追加やバグ修正が行われた他、ディープラーニングに関する機能が大幅に強化された。

 「Neural Network Toolbox」に代わる新しい「Deep Learning Toolbox」では、技術者や科学者にディープニューラルネットワークの設計と実装のためのフレームワークを提供する。

 画像処理、コンピュータビジョン、信号処理およびシステム関連の技術者は、MATLABを使用することで、複雑なネットワークアーキテクチャをより容易に設計できるようになり、ディープラーニングモデルのパフォーマンスを改善することが可能になるという。


ディープラーニングワークフローの生産性と使いやすさを改善

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading