ニュース
» 2018年07月26日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:自動運転で「協調」が必要な10領域とは?

「人とくるまのテクノロジー展2018」(会期:2018年5月23〜25日)の講演会に登壇した経済産業省 製造産業局 自動車課 ITS・自動走行推進室 係長の丸山晴生氏は、「自動走行を巡る経済産業省の取組」をテーマに、自動運転に対する日本政府や経済産業省の取り組み、具体的な施策について解説した。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は『自動運転に必要な「10の協調領域」とは何か』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

自動運転実現に向けた政府の全体戦略

 「自動運転」の実現は、従来の工業製品としての自動車(クルマ)の枠を超え、“移動”に関するサービスを含めたさまざまな領域に影響を及ぼす可能性を秘めている。そこには当然、法律や規制の整備なども含めた“仕組み作り”が不可欠であり、国(政府)としても自動運転実現に向けた全体戦略を打ち出している。

自動運転で「協調」が必要な10領域とは?

 「人とくるまのテクノロジー展2018」では、経済産業省 製造産業局 自動車課 ITS・自動走行推進室 係長の丸山晴生氏が登壇し、自動運転に対する政府の取り組み、さらには経済産業省が実施する施策について解説した。


電子ブックレット[無料PDF]のダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryに掲載されたレポート記事「自動運転車の実現に必要な『10の協調』」を基に制作しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading