ニュース
» 2018年03月27日 09時00分 公開

Xilinx ACAP:Xilinxが新アーキテクチャ投入「シリコンの進化だけでは追い付けない」

Xilinxが新カテゴリー製品となる「Adaptive Compute Acceleration Platform」(ACAP)を発表した。Zynqなどよりも柔軟な“プログラマブル”製品であり、2018年中のテープアウトを予定する。

[渡邊宏,TechFactory]

 米Xilinxは2018年3月20日、新カテゴリー製品となる「Adaptive Compute Acceleration Platform」(ACAP)を発表した。このACAPはハードウェアレベルでさまざまなワークロードに対応するヘテロジニアス演算プラットフォームであり、第1弾となる「Everest」(開発コードネーム)製品ファミリーは2018年中のテープアウト、2019年の製品出荷を予定している。

「Adaptive Compute Acceleration Platform」(ACAP)の概念図(出典:ザイリンクス) 「Adaptive Compute Acceleration Platform」(ACAP)の概念図(出典:ザイリンクス)

 クラウドやAIアプリケーションの発達によってビデオや画像、センサーデータなどをはじめとした非構造データは爆発的に増加しており、旧来のCPUを中心としたコンピューティングではなく、GPUやFPGAも取り込んだ処理が注目されている。ACAPはこうしたコンピューティングの変化に対応すべく、Xilinxが提案する製品となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.