ニュース
» 2017年10月03日 09時00分 公開

日立ソリューションズ GeoMation 屋内位置把握ソリューション:トヨタ元町工場がIoT活用で無人搬送車の復旧作業工数を50%削減

「クラウン」などを生産するトヨタ自動車の元町工場が、日立ソリューションズの「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」を導入。部品運搬に用いている無人搬送車(AGV)の異常停止トラブルの迅速な発見に役立て、復旧作業工数を50%削減することに成功した。

[八木沢篤,TechFactory]

 日立ソリューションズは2017年9月20日、同社の「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」をトヨタ自動車の元町工場に導入し、同年4月から稼働を開始したことを発表した。

 トヨタ自動車の上位モデルである「クラウン」などを生産する元町工場で、車軸ユニットを製造する機械部では、各工程間の部品運搬に無人搬送車(AGV:Automated Guided Vehicle)を導入。しかし、作業員の目が届かない場所での渋滞や脱線による異常停止トラブルを速やかに発見できず、停止したAGVの復旧作業やAGV停止中の人手による代替運搬作業にかかる工数の増加が課題となっていた。

トヨタ自動車が同ソリューションを選択した理由とは?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.