ニュース
» 2017年07月27日 09時00分 UPDATE

リンクス 事業戦略:国内製造業のガラパゴス化を解消へと導くリンクス――アジア市場への進出も

画像処理関連製品などを取り扱う技術商社のリンクスは、同社の新事業戦略と東南アジア市場への事業拡大を目的としたリンクスシンガポール設立に関する発表を行った。

[八木沢篤,TechFactory]

 画像処理関連製品などを取り扱う技術商社のリンクスは2017年7月5日、同社の新事業戦略と、東南アジア市場への事業拡大を目的としたリンクスシンガポール設立に関する発表を行った。

リンクス 代表取締役 村上慶氏 リンクス 代表取締役 村上慶氏

 リンクスというと、ドイツのMVTec SoftwareやBasler、Silicon Softwareといった画像処理関連製品(画像処理ソフトウェア/工業用カメラ/3次元計測など)を手掛ける企業と代理店契約を締結し、それらを国内企業へ展開する「画像処理のリンクス」という側面が強かった。しかし、それはリンクスが目指すIIoT(インダストリアルIoT)構想の一部にしかすぎず、さらなる成長、事業拡大を視野に入れた展開を中長期的に仕掛けていくという。

 リンクス 代表取締役 村上慶氏は「強みである画像処理の領域を当社のコアコンピタンスゾーンとして位置付け、そして現在業界で地殻変動が起こっているソフトウェアPLCをビルディングアップゾーンとしてしっかりと成長させ、クラウドPLCおよびSCADAをチャレンジングゾーンとして文字通り挑戦を始めようとしている」と話す。さらに、その上にはERP、MES、AI、AR/VRといった領域があるが、「ここについては規模が非常に大き過ぎる領域になるので、協業という形で展開を考えている」(村上氏)という。

リンクスの新事業戦略。リンクスが目指すIIoT構想について リンクスの新事業戦略。リンクスが目指すIIoT構想について

日本製造業を取り巻くガラパゴス化問題

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.