ニュース
» 2017年03月21日 12時00分 UPDATE

PALTEK DATA BRICK:最新FPGA搭載、4K映像や機械学習を高速処理

PALTEKは、ザイリンクス製の最新FPGAを搭載したFPGAコンピューティングプラットフォーム「DATA BRICK」を、ベクトロジーと共同開発した。4Kビデオ処理や機械学習、ビッグデータ分析などの処理を高速かつ低消費電力で実行することができる。

[提供:EE Times Japan編集部,TechFactory]

 PALTEKは2017年3月、ザイリンクス製の最新FPGAを搭載したFPGAコンピューティングプラットフォーム「DATA BRICK」を、ベクトロジーと共同で開発したと発表した。4Kビデオ処理や機械学習、ビッグデータ分析などの用途において、電力消費やシステムコストを抑えつつ高速処理を可能とする。


 DATA BRICKは、ザイリンクス製の16nm UltraScale+FPGA「VU3Pシリーズ」を搭載している。このFPGAは、Amazon Web Servicesが提供するAmazon EC2の新たなインスタンスタイプ「F1」にも採用されるという。

「DATA BRICK」 「DATA BRICK」

 メモリは標準で容量が8GBのECC付きDDR4-2400 DRAMや、容量が1Gビットのフラッシュメモリを実装した。ホストCPUと接続するためのインタフェースとしてPCI Express Gen3×16を用意した。さらに、DATA BRICKを連結し、処理性能をさらに高めることができる。FPGA間は伝送速度が最大448Gbpsの高速インタフェースで接続される。

 この他、既存の資産を有効活用できるようFMC(HPC)コネクターやSAMTEC Firefryコネクターなども用意されている。DATA BRICKの外形寸法は257×120mmで、PCI Express規格のカードサイズとした。このため、ユーザーはPCに直接接続して容易に利用することができるという。DATA BRICKの販売は2017年4月より始める。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.