ニュース
» 2017年03月13日 08時00分 UPDATE

オムロン ソーシアルソリューションズ 3軸加速度計:地震による構造物の被害をIoTで監視するネットワーク対応センサー

オムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)は、地震などによる建物や橋梁の被害をIoT技術で監視するネットワーク対応センサー「3軸加速度計」を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 オムロン ソーシアルソリューションズ(以下、OSS)は2017年3月3日、地震などの自然災害による建物や橋梁の被害をIoT(Internet of Things:モノのインターネット)技術で監視するネットワーク対応センサー「3軸加速度計」の販売を、同年3月6日から開始すると発表した。


 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を控える今、1955年以降の高度経済成長期に一斉に建設された建物や橋梁の老朽化が社会問題となっている。これら構造物の健全性を維持していくためには、自然災害などによる被害の適切な把握、そしてメンテナンスが必要不可欠である。特に、地震大国である日本においては、地震による影響を把握し、対策するための仕組み作りが急務となっている。

 しかし、これまで地震による構造物の振動を計測するには、高価な加速度計を組み合わせたシステムの構築が必要であったため、複数箇所への設置が難しく、適切な補強や整備すべき問題箇所の特定はほとんど進んでいない状況だという。

従来よりも安価にシステム構築が可能! 複数箇所への取り付けも容易

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.