ニュース
» 2017年02月22日 09時00分 UPDATE

ダッソー・システムズ 3DEXPERIENCE Lab:イノベーションの芽を育てるスタートアップ支援制度――仏、米、そして日本で?

ダッソー・システムズは、スタートアップやベンチャー企業を支援するプログラム「3DEXPERIENCE Lab」の展開を、新たに北米で開始すると発表。先日行われた「SOLIDWORKS World 2017」では、将来的なアジアでの展開の可能性についても触れた。

[八木沢篤,TechFactory]

 イノベーティブなプロダクト、すなわち社会や人々の暮らしに大きなインパクトを与えるような革新的な製品の多くは、これまで大企業が主導して生み出されてきた。しかし、近年、“モノづくりの民主化”“ユーザーニーズの多様化”が加速し、大手企業ばかりではなく、多くのスタートアップやベンチャー企業からもイノベーティブなプロダクトが生まれてくるようになってきた。

 こうした新たな潮流に対して、ダッソー・システムズは、スタートアップやベンチャー企業から申し出のあったプロジェクトの実現をバックアップする制度、「3DEXPERIENCE Lab」の取り組みを2015年フランス本社でスタート。これまで同社は、さまざまな戦略的投資と同様に、アントレプレナー(起業家)精神に富むプロジェクトへの支援を推し進めてきたという。そして、2017年2月5〜8日(米国時間)に開催されたSOLIDWORKSユーザーの祭典「SOLIDWORKS World 2017」(開催地:米国カリフォルニア州ロサンゼルス)では、3DEXPERIENCE Labの北米展開と、将来的なアジア地域での展開の可能性について言及した(関連記事:SOLIDWORKSユーザーの祭典LAで開幕――3D設計業務の未来を見据えたさらなる進化に期待)。


イノベーションテーマ 「3DEXPERIENCE Lab」のイノベーションテーマ ※出典:ダッソー・システムズ

ダッソー製品群の使用や各種支援を受けられる「3DEXPERIENCE Lab」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.