ニュース
» 2016年05月18日 10時00分 UPDATE

セイコーエプソン S1C17Wシリーズ:多機能デジタル時計に最適なLCDドライバ搭載のフラッシュメモリ内蔵マイコン

セイコーエプソンは、低消費電力の16ビットフラッシュメモリ内蔵マイコン「S1C17W」シリーズの新製品「S1C17W34」「S1C17W35」「S1C17W36」を開発した。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

 セイコーエプソンは2016年4月、低消費電力の16ビットフラッシュメモリ内蔵マイコン「S1C17W」シリーズの新製品「S1C17W34」「S1C17W35」「S1C17W36」を開発したと発表した。多機能デジタル時計向けで、同年10月に量産出荷を開始する。

384KBのフラッシュメモリ

 新製品では、同シリーズ最大となる384Kバイト(KB)のフラッシュメモリ「S1C17W36」と、液晶パネルを直接駆動できる最大2048ドット表示のLCDドライバを1チップに搭載している。また、3つの時刻エリアに対応するリアルタイムクロックを内蔵し、時差のある3つの国や地域の時刻を瞬時に表示できるという。

16ビットフラッシュマイコン「S1C17W36」 16ビットフラッシュマイコン「S1C17W36」

 動作保証電圧範囲は1.2〜3.6Vで、消費電流はHALTモードで0.6μA、スリープモードで0.15μA(標準値)。4、2、1MHz/700、500、384、250KHzに切り替え可能な発振回路を内蔵し、外部の電源監視ICを必要としない電源電圧検出回路を搭載している。

 同製品らは、QFP21-176ピンパッケージかベアチップで提供される。S1C17W36のQFP21-176ピンパッケージのサンプル価格は1200円(税別)。フラッシュメモリの容量は、S1C17W34が128KB、S1C17W35が256KB、S1C17W36が384KB。3機種は互換性があるため、特別な設定なしに入れ替えができるとした。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.