ニュース
» 2018年10月15日 07時00分 公開

基板表面に実装可能:IoT時代に最適な超小型アンテナをNECと日本航空電子工業が共同開発

NECと日本航空電子工業は、無線通信機器に幅広く搭載できる世界最小クラスの高性能アンテナを新開発した。

[八木沢篤,TechFactory]

 NECと日本航空電子工業は2018年10月9日、無線通信機器に幅広く搭載できる世界最小クラスの高性能アンテナを新開発したと発表した。

表面実装部品タイプのアンテナ 表面実装部品タイプのアンテナ。(左)2.4GHz帯、11.5×6.9mm、(右)5.9GHz帯、6.7×3.8mm ※出典:NEC

 新開発した超小型アンテナは、無線通信機器内部の基板表面に実装可能で、高い送受信性能を備える。また、アンテナ実装場所の自由度も高く、Wi-Fi、Bluetooth、V2X(Vehicle-to-Everything)、LPWA(Low Power Wide Area)といった幅広い通信方式に対応する。例えば、携帯通信機器、車載機器、ネットワーク家電など、小型化および多様化が今後ますます進むとされる無線通信機器での活用が期待できるという。

精密加工技術により、高いアンテナ放射効率を実現

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading