ニュース
» 2018年07月13日 12時00分 公開

AIを活用した新適応制御技術などを搭載:三菱電機、形彫放電加工機「SV-P」シリーズの最上位機種「SV12P」を発売

三菱電機は、形彫放電加工機「SV-P」シリーズの最上位機種「SV12P」を発売。AIを活用した新適応制御技術や独自の高精度技術を搭載し、コネクターなどの微細加工から、スマートフォン、自動車部品などの中大面積までの加工に対応する。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 三菱電機は2018年6月7日、形彫放電加工機「SV-P」シリーズの最上位機種「SV12P」を発売した。AI技術を活用した新適応制御技術や独自の高精度技術を搭載し、コネクターなどの微細加工から、スマートフォン、自動車部品などの中大面積までの加工に対応する。標準価格は1750万円(税別)で、同年度中に100台の販売を目指す。


 搭載の新型制御装置「D-CUBES(ディーキューブ)」には、同社のAI技術「Maisart(マイサート)」を内蔵。これを活用した新適応制御技術により、加工状態をリアルタイムに把握し、生産性を30%向上する。Maisartを活用した「加工時間見積もり機能」を搭載し、加工時間を自動で算出。前後工程間で発生する、段取りの時間ロスを削減する。

形彫放電加工機の最上位機種「SV12P」 出典:三菱電機 形彫放電加工機の最上位機種「SV12P」 出典:三菱電機

 独自の高精度技術「サーマルバスター」も標準搭載し、加工位置の補正や上下軸冷却機構などの熱変位を抑制する。これに加え、独自のサーボ制御技術と高精度駆動部品を採用しており、±3μmの高精度加工を保証する。機械構造を見直して高剛性化を図り、Maisartとの組み合わせによって多種多様な加工に対応可能になった。

 また、IoT(モノのインターネット)を活用したリモートサービス「iQ Care Remote4U」に対応した「加工状態見える化モニター」を採用。遠隔から装置稼働状態を監視し、運用と保守を支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading