ニュース
» 2018年05月24日 12時00分 公開

Arm SDK-700:「Azure Sphere」対応のセキュアなSoC開発を支援するIoTソリューション

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 Armは2018年4月16日、安全なSoCの開発を支援するIoTソリューション「Arm SDK-700 System Design Kit」を発表した。Microsoftの「Azure Sphere」のセキュリティ要件に対応しており、同キットを活用することでAzure Sphere向けのSoCを迅速に市場へ投入できるという。

 SDK-700は、高負荷なワークロードに耐え得るCortex-Aのパフォーマンスと、Cortex-Mプロセッサの高効率性、リアルタイム機能を兼ね備えている。Azure Sphere OSやLinux OSなどの開発環境にも対応し、音声アシスタント、ネットワークカメラ、コンピュータビジョンなどのIoTの新しい使用事例にも利用できる。


 サブシステムは、さまざまな形態の構成に対応。また、ファイアウォール、セキュアエンクレーブ、Arm TrustZoneテクノロジーなどの開発済みのセキュリティIPや、プロセッサ内通信向けの標準プログラミング・インタフェースなども備える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.