連載
» 2018年05月10日 09時00分 公開

IoT時代の組み込み系ソフトウェア品質(10):IoT開発と運用の13問答、IPA/SEC「つながる世界の品質確保に向けた手引き」より (2/6)

[五味弘,TechFactory]

IoTはソフトウェアの世界を変える

 最初の疑問に戻ろう。IoTとはなんだろうか。果たしてIoTはソフトウェアの世界を一変させ、ソフトウェア工学の再構築を迫るのか。これに対して確実にいえることは「変える場合がある」である。しかしこれでは答えになっていない。ただ、IoTによって新たなソフトウェアの世界の波、新たなソフトウェア工学の波がやって来るのは確実であり、私たちはこの波に備える必要がある。

IoTならではの品質課題を整理する

 IoTの品質を考えるため、「IoTならでは」の品質課題を整理したい。果たして、IoTにはどんな品質課題があり、それをどのように整理すればいいのか。まずはSEC報告書ではどのように整理したかを見ていこう。

 SEC報告書では図に示すように委員から収集した100個の課題を5個のスコープと3個の観点で分類し、6個の抽象化した課題にまとめている。つまり分類軸としてスコープと観点の2次元を選んだのである。

 このSEC報告書をまとめるときの議論がこちらで公開されている。もし興味と時間があれば、議論の途中経過も見てほしい。なぜその課題が選ばれ、その分類が採用されたかの理由を知る手掛かりになるからだ(ただし量が多いので読むには勇気がいる)。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading