ニュース
» 2018年04月24日 07時00分 公開

2〜3時間でシリコン製ミッドソールを製造:ECCOが3Dプリンタでミッドソールをカスタマイズできる期間限定サービスを展開

ECCO(エコー)は、3Dプリンタを用いてシリコン製ミッドソールをカスタマイズできる「QUANT-U カスタマイゼーション・プロジェクト」を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

シリコン製ミッドソールを店内で3Dプリント

3Dプリンタ製ミッドソールを採用したECCOのシューズ 3Dプリンタ製ミッドソールを採用したECCOのシューズ(出典:ECCO)

 デンマークのフットウェアおよびレザーグッズブランドのECCO(エコー)は2018年4月10日、3Dプリンタを用いてシリコン製ミッドソールをカスタマイズできる「QUANT-U カスタマイゼーション・プロジェクト」を発表した。

 店内に設置された専用3Dプリンタで、シリコン製ミッドソールを製造する初めての試みだとし、2〜3時間程度でカスタマイズされたミッドソールを製造できるという。

 この新しいサービスは、ECCOホールディングスが出資するデザインスタジオであるイノベーション・ラボ・ECCO(ILE)が主導し、2018年4月に期間限定でオランダのアムステルダムにあるECCOコンセプトストア「W-21」で一般提供される。


わずか“3ステップ”でカスタマイズされたシューズを手に!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.