ニュース
» 2018年04月19日 12時00分 公開

東京海上日動 ホワイトモーション:保険会社と車載セキュリティ企業、コネクテッドカー対応で業務提携

東京海上日動火災保険とWHITE MOTION(ホワイトモーション)は、自動車のサイバーセキュリティ分野で業務提携した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 東京海上日動火災保険とカルソニックカンセイのグループ会社であるWHITE MOTION(ホワイトモーション)は2018年4月4日、自動車のサイバーセキュリティ分野で業務提携したと発表した。

WHITE MOTION 最高経営責任者(CEO)の蔵本雄一氏(写真=左)と会長の石橋誠氏(写真=右) WHITE MOTION 最高経営責任者(CEO)の蔵本雄一氏(写真=左)と会長の石橋誠氏(写真=右)

 東京海上日動火災保険はこれまでにも、自動運転車に着目した研究を行ってきた。自動運転車が事故を起こした場合、原因や責任の所在が複雑になることが予想されるためだ。損害保険の補償では因果関係や責任が明確であることが不可欠となる。今回の業務提携により、サイバー攻撃が事故の原因になったかどうかを究明できるようにする。

 また、サイバー攻撃による事故に起因して発生する損害に対応した「サイバーリスク保険」も提供している。ネットワークからの情報漏えいなどに対する損害賠償責任や、不正アクセスによって発生した事故対応費用、ネットワークを構成する機器が停止することによる損害を補償する。

 業務提携では、自動運転車やコネクテッドカーを対象とした最新の攻撃手法や侵入経路の研究、「デジタルフォレンジック(※)」や、損害サービスにおける対応ノウハウの確立、コネクテッドカーや自動運転車のサイバーリスクに対応した商品やサービスの開発に両社で取り組む。サービスや製品、技術を具体化する時期は未定だという。

(※)犯罪捜査や法的紛争で、コンピュータなど電子機器に残る記録を収集、分析して法的な証拠性を明らかにする手段や技術のこと。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading