ニュース
» 2018年02月17日 09時00分 公開

TechFactory通信 編集後記:完全自動運転、実現したらクルマの中で何したい?

日本人の皆さんはお疲れのようですね……。

[八木沢篤,TechFactory]

 「自動運転」は、自動車業界における注目トピックの1つといえるでしょう。

完全自動運転、実現したらクルマの中で何したい?

 ご存じの通り、自動運転には0〜5までのレベルが定義されています。詳細は割愛しますが、レベル0は自動運転機能を搭載しない一般的な車両、レベル1は自動ブレーキシステムや加減速を支援するACC(Adaptive Cruise Control)などの運転支援機能を備えた車両が該当します。このレベル1がハンドル操作、加減速などの“いずれか”を支援するものであるのに対し、レベル2はハンドル操作、加減速などの“複数”を車両が支援する部分運転自動化を実現します。現時点では、レベル1〜2の自動運転機能を搭載したクルマが主流で、ドライバーが周囲の状況をきちんと把握した上での支援的な意味合いが強い自動運転技術といえます。


TechFactory通信 編集後記

この記事は、2018年2月13日発行の「モノづくり総合版 TechFactory通信」に掲載されたTechFactory担当者による編集後記の転載です。

⇒メール購読についてはコチラから


完全自動運転、実現したらクルマの中で何したい?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.