特集
» 2018年02月08日 07時00分 公開

開発メンバーに聞いた:犬型ロボット「aibo」の“愛らしさ”と“表現力”を実現するソニーの設計思想

ソニーが2018年1月11日に販売を開始した犬型ロボット「aibo(アイボ)」の“愛らしさ”はどこからくるのか? 製品コンセプト、そしてそのコンセプトを具現化するために工夫した、苦労した設計ポイントをaiboの開発メンバーに聞いた。

[八木沢篤,TechFactory]

 企画段階で決定したコンセプトを、最終製品のデザインにどうやって落とし込むかは、設計者の腕の見せ所だろう。特にコンシューマー製品にとってデザインは、機能や性能と同じくらい、そのプロダクトの成功を左右する重要なファクターといえる。

 ソニーが2018年1月11日に販売を開始した「aibo(アイボ)」も、製品コンセプトを見事に具現化したプロダクトの1つ。aiboは人に寄り添い、人の愛情の対象となる製品として、「愛らしさ」「躍動感のある表現力」「知的認識」「学習と成長」の4つのコンセプトを基に開発が進められた。このコンセプトの中で、特にデザインと大きく関わるのが、愛らしさ、そして躍動感のある表現力である。

ソニーが2018年1月11日に販売を開始した「aibo(アイボ)」 ソニーが2018年1月11日に販売を開始した「aibo(アイボ)」

こだわり抜いた「aibo」の設計

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading