ニュース
» 2018年01月17日 15時00分 公開

実証実験:住友重機械工業とNEC、AIを用いて射出成形機の故障予兆の検出に成功

住友重機械工業とNECは、AIを用いた産業機械の故障予兆の実証実験において、プラスチック射出成形機から出力されたデータを利用した故障予兆の検出に成功したと発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 住友重機械工業とNECは2017年12月13日、AI(人工知能)を用いた産業機械の故障予兆の実証実験において、プラスチック射出成形機から出力されたデータを利用した故障予兆の検出に成功したと発表した。


 実証実験は、住友重機械工業のプラスチック射出成形機に搭載されているセンサー群の時系列データを利用し、ボールねじが正常な場合と損傷を受けた場合のデータの差異検出が可能かを検証した。

出典:住友重機械工業 出典:住友重機械工業

 正常と損傷のそれぞれの時系列データを、NECのAI技術群「NEC the WISE」の1つ「RAPID機械学習」で分析。その結果、1500あるデータセットを20分ほどで学習し、1データセットあたり0.4秒以内で、正常と損傷のデータを高精度で判別できることを確認した。

 今後両社は、故障予兆における環境変動への耐性や、損傷の種別や程度の判定、生産されたプラスチック製品の画像検品による良品判定、運転条件や設定の自動調整の実現に向け、連携を進めていく。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading