ニュース
» 2017年12月19日 12時00分 公開

ams AS3956:産業用IoT向けのダイナミックNFCタグIC

amsが産業用IoT向けのダイナミックNFCタグIC「AS3956」を発表した。NFCフォーラム仕様に準拠したNDEFメッセージングプロトコルをサポートし、NFC対応携帯電話との相互運用性を備えている。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

 amsは2017年10月、産業用IoT向けに、ダイナミックNFCタグIC「AS3956」を発表した。NFCフォーラム仕様に準拠したNDEFメッセージングプロトコルをサポートし、iOSデバイスなどのNFC対応携帯電話との相互運用性を備えている。

AS3956 AS3956

 内蔵のEEPROMメモリは、書き込み消去サイクル10万回以上、125℃で10年間のデータ保持を可能にしている。使用温度範囲は−40〜125℃。過酷な条件下で動作する産業用機器やIoT製品、HVAC(heating、ventilating、and air conditioning:暖房、換気、空調)装置、補聴器、道路や公共施設といったインフラ向けのワイヤレスセンサーなど、長い動作寿命と故障率ゼロが求められるミッションクリティカルな製品に対応する。

 NFCフォーラム仕様に完全準拠し、リーダーを使ってNFC通信に対応する単独のType 2タグとして動作する。1.65〜5.5Vの電源電圧範囲に対応し、ホストマイコンに接続可能なI2C、SPIインタフェースを備えた。また、エナジーハーベスト機能により、NFCリーダーによって生成された受信RF電界からエネルギーを引き出し、外部デバイスへ最高5mAを供給できる。

 高さ0.3mm、フットプリント1.8×1.4mmの小型CSPパッケージ、または3×3mmのMLPDパッケージで提供される。現在サンプルを出荷中で、発注数量は1000ユニット単位となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.