ニュース
» 2017年12月01日 07時00分 公開

日本IBM/川崎重工業 Mojix STAR System|事例:スマート工場化を目指す川崎重工業が導入した高性能RFIDシステム

日本IBMは、川崎重工業 航空宇宙カンパニーの岐阜工場における航空機用部品製造ラインにおいて、高性能RFIDシステム「Mojix STAR System」が採用され、本稼働を開始したことを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 日本IBMは2017年11月20日、川崎重工業 航空宇宙カンパニーの岐阜工場における航空機用部品製造ラインにおいて、広範囲な空間をカバーできる高性能RFIDシステム「Mojix STAR System」が採用され、同年11月1日から稼働を開始したことを発表した。

photo ※イメージ画像

 スマートファクトリー化の実現を目指し、IoT(Internet of Things)を活用した生産革新活動を推し進める川崎重工業 航空宇宙カンパニーでは、その活動の一環として、最適な生産計画や生産管理、進捗(しんちょく)管理の向上を目指し、生産情報活用基盤を試行開発している。その中で、部品などの所在に関するデータ収集を適切に行うためには、「位置情報の測定が確実にできること」「システム拡張や変更にも柔軟かつ安価に対応できること」「電波干渉が発生しないこと」といった要求を満たす必要があった。

一般的なRFIDと比較し、柔軟・安価に拡張可能な「Mojix STAR System」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.