ニュース
» 2017年08月21日 07時00分 UPDATE

富士通九州ネットワークテクノロジーズ QSIP:マンホールの裏にペタリ! 劣悪環境下で使用できるIoTセンサーノードを追加

富士通九州ネットワークテクノロジーズは、劣悪環境下でセンサー監視が可能な「耐環境センサーノード」を、同社のセンサーネットワークIoTプラットフォームパッケージ「QNET SensorNetwork IoT Platform」のラインアップに追加した。

[八木沢篤,TechFactory]

 富士通九州ネットワークテクノロジーズは2017年8月9日、劣悪環境下でセンサー監視が可能な「耐環境センサーノード」を、同社のセンサーネットワークIoTプラットフォームパッケージ「QNET SensorNetwork IoT Platform(以下、QSIP)」のラインアップに追加したことを発表した。

システム適用イメージ システム適用イメージ(出典:富士通九州ネットワークテクノロジーズ)

 IoT活用が進む中、センサーノードにとって過酷な環境が増え続けていることを想定し、劣悪環境下で稼働するセンサーネットワークサービスを提供するという。例えば、河川水位監視を目的とした水位センシング、セキュリティテロ対策を目的としたマンホール開閉検知、設備故障監視を目的とした設備機器の故障検知などに利用できるとする。

適用事例 適用事例(出典:富士通九州ネットワークテクノロジーズ)

強力なマグネットでペタリ、工事不要ですぐにセンシング可能

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.