ニュース
» 2017年08月17日 12時00分 UPDATE

アバールデータ APX-5360G3:分解能12ビット、1.8Gサンプル/秒のA-D変換ボード

アバールデータは、計測装置や医療装置向けに、PCI Express3.0対応のA-D変換ボード「APX-5360G3」を発売した。2チャンネル同時の12ビット分解能と1.8Gサンプル/秒の高速サンプリングを可能にした。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]
PCI Express3.0対応のA-D変換ボード「APX-5360G3」 PCI Express3.0対応のA-D変換ボード「APX-5360G3」

 アバールデータは2017年7月、計測装置や医療装置向けに、PCI Express3.0対応のA-D変換ボード「APX-5360G3」を発売した。±0.5Vのシングルエンド入力を2チャンネル備え、2チャンネル同時の12ビット分解能と1.8Gサンプル/秒の高速サンプリングを可能にした。

 PCI Express 3.0(Gen3)を8レーン搭載し、高速データ転送に対応した。また、CPUを介さずメモリを転送するDMAコントローラー、最大3Gポイントサイズのデータを転送できるDDR3メモリなどを内蔵。複数のトリガモードにより、入力したデータはFPGAで処理できる。

 サンプリング速度は150M〜1.8Gサンプル/秒で、入力インピーダンスは50Ω。パネル面には、アナログ入力2チャンネル、汎用デジタル入出力/アナログ出力、外部クロック入力、外部トリガ入力などを備えた。


 サイズは212.65×111.15mmで、価格は143万8000円(税別)。主に、医療機器や計測機器、検査装置などの用途を想定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.