特集
» 2017年06月09日 09時00分 UPDATE

OKI Style:Kinectで多品種少量生産の効率をアップ、OKI富岡工場の取り組み

ATMや複合機メーカーという印象のある沖電気工業だが、そのモノづくりが及ぶ範囲は広い。その拠点の1つ、富岡工場では人の力を最大限に生かす多品種少量生産の仕組みが構築されている。

[渡邊宏,TechFactory]

 業務用複合機(MFP)やATM、電子交換機などを主力とするメーカーという印象が強い沖電気工業だが、これら以外にも航空管制システムや防災無線、現金処理機、自動券売機、電子機器受諾開発(EMS)など幅広い分野でのモノづくりを手掛けている。


 生産拠点は国内外に存在するが、主要生産拠点の中で、中国の深センにある沖電気実業有限公司とともにメカトロニクス機器生産のマザー工場として機能しているのが、群馬県富岡市にあるメカトロシステム工場(富岡工場)だ。

沖電気工業 富岡工場の概要 沖電気工業 富岡工場の概要

 富岡工場はATMや現金処理機、自動発券機を主力生産品としており、製品の性質上、1日の製造数が10台に満たない小ロット製品も多数あることから、大規模な自動化ではなく、「人の力を最大限に生かす組み立てシステム」が随所に取り入れられている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.