ニュース
» 2017年04月06日 09時00分 UPDATE

オートデスク Fusionファミリー:モノづくり環境の変化を受け「Fusion 360」の商用展開を強化――無償ライセンス提供も継続

オートデスクは、クラウド利用に対応した製品設計開発プラットフォーム「Autodesk Fusion 360」とその関連製品の販売体制を強化していく。個人での利用および年間売り上げが10万米ドル未満の企業は、従来通り無償で利用できる。

[加藤まどみ,TechFactory]

 オートデスクは2017年3月22日、クラウドベースの3D CAD/CAM/CAEツール「Autodesk Fusion 360」(以下、Fusion 360)の販売を加速していくと発表した。Fusion 360は3D CAD/CAM/CAEが一体となった、クラウド対応の製品設計開発プラットフォーム。さらにレンダリング、コンセプトデザインおよびアセンブリなどの機能を持ち、企画から製造、販売に至る各作業をシームレスに行うことができる。

 Fusion 360は2013年に提供を開始、2015年夏に日本語に対応した。機能が充実してきたこともあり、技術サポートを行う専任エンジニアを配置し、販売体制の強化やトレーニングを実施するなどして、商用展開を強化していくという。


モノづくりやユーザーとの関係の変化に対応

 Fusion 360の展開を強化していく背景には「ここ2、3年のモノづくり環境の大きな変化がある」と、オートデスク インダストリストラテジー&マーケティング 製造業 ビジネス開発マネージャーの宮岡鉄哉氏はいう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.