ニュース
» 2017年01月13日 07時00分 UPDATE

JVCケンウッド GW-MD100:研究や計測にも適した4Kカメラモジュール

JVCケンウッドが、観測や監視などに利用できるレンズ交換式の4Kカメラモジュールを販売する。レンズマウントはマイクロフォーサーズ。

[渡邊宏,TechFactory]
「GW-MD100」 「GW-MD100」

 JVCケンウッドは観測や監視などさまざまな用途に利用できる、レンズ交換式の4Kカメラモジュール「GW-MD100」を2017年3月下旬より販売開始する。価格はオープンで、市場想定価格は200万円前後。

 本体約800グラムと軽量ながら、AltaSensが開発した4K撮影可能なSuper35mmCMOSセンサー(総画素数約1350万画素)を搭載。大型センサーの搭載によって低照度環境や明暗差の大きな被写体の撮影にも適する。独自の画像処理エンジンを2個実装しており、4K/60P映像のメモリカード記録とリアルタイム伝送を同時に行える。

 背面には3G-SDI端子を4つ用意しており、クアッドリンク接続することで最長100mのベースバンド伝送が行える。インタフェースは3G-SDIの他、カメラコントロール端子としてD-Sub9ピンを備える。レンズマウントはマイクロフォーサーズマウントを採用する。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.