ニュース
» 2016年10月12日 12時00分 UPDATE

イノテック/ネクステック/岩崎 無電源土壌センシング:外部電源なしで農場土壌データを収集蓄積、イノテックら3社で

イノテックら3社が農場における土壌データ収集を、外部電源なしで行う実証実験を実施した。外部電源などの設置が必要ないために設置負担が軽く、農業のICT化を促進する取り組みとなる。

[渡邊宏,TechFactory]

 イノテックは2016年10月12日、ネクステックならびに岩崎と共同で農場における土壌データ収集を外部電源なしで行う実験を行ったと発表した。土壌センサーが接続される無線LAN装置も外部電源レスとすることで設置負担を軽減し、農業のICT化を促進する取り組みとなる。

 本実験は太陽光と蓄電池で作動するイノテックの土壌センサー「EDYN」と、同じく太陽光と蓄電池で作動するネクステックの無線LANアクセスポイント兼中継器の「ポジモ」を組み合わせ、岩崎の当別フィールドにて、2時間ほどの設置作業で土壌データ測定が開始できることを確認した。

EDYN 太陽光と蓄電池で作動するイノテックの土壌センサー「EDYN」
ポジモ ネクステックの無線LANアクセスポイント兼中継器の「ポジモ」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.