連載
» 2018年03月22日 09時00分 公開

IoT時代の組み込み系ソフトウェア品質(8):間違いだらけの組み込み系品質管理、面倒な品質管理を楽しむコツ (4/4)

[五味弘,TechFactory]
前のページへ 1|2|3|4       

間違いだらけの組み込み系品質管理

 しかし組み込み系品質管理は間違っていることが多い。メカやエレキの品質管理をそのまま持ち込んで、柔らかいソフトが固くなってしまっている。逆にエンタープライズ系のソフトウェア品質管理をそのまま適応して痛い目に遭う例もある。

 エンプラ系は組み込み系と比較して、ある部分ではおおらかで素朴な品質管理をしていて、一方では大量で管理できそうにもないモノまで管理している。その違いを知るには、時間の基本単位や長さの基本単位を聞いてみるといい。秒単位なのかミリ秒なのか、マイクロ秒なのか。センチなのかミリなのか。組み込み系はミリオタが多い(別の意味でも)。

 メカやエレキのハードウェアの品質管理と徹底的に違うのは、組み込み系ソフトウェアは「柔らかい」ということである。固い品質管理では柔軟に対応できない。仕様は毎週変更され、バージョンアップはネットを通じて日々刻々と実施される世界での品質管理はハードウェアのそれとは根本的に違う。

図4 乗り越えられない品質管理の壁 図4 乗り越えられない品質管理の壁
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading