連載
» 2018年03月22日 09時00分 公開

IoT時代の組み込み系ソフトウェア品質(8):間違いだらけの組み込み系品質管理、面倒な品質管理を楽しむコツ (3/4)

[五味弘,TechFactory]

ツールを使う

 精神論的には上で終わりであるが、品質管理を楽しく美しくする技術的な施策もいろいろある。最初に紹介した自動化が基本的な考えであり、自動化するためにはツールを導入することになる。

 あなたがハッカーでない限り、ツールを手作りする必要はなく、探してきて使えば良い。カスタマイズは必要になるかもしれないが、多すぎるカスタマイズは障害を呼び起こすので注意が必要である。目的はあくまでも品質管理なので、ツール至上主義・原理主義に陥らないように、ツールとは一定の距離を保って付き合うようにするべきだ。

 ツールはただ使うだけではダメで、周囲と一緒に使うことが大切だ。このために普及と啓蒙、そして教育が欠かせない。ここでもツールの普及を目的とせずに、品質管理の普及を目的とする。普及のためにはお金を惜しまないことが必要である。お金なくしては普及なしである。

 もう1つ、ツールを使う大事な意味がある。責任の一端をツールに持たせ、一部でも責任と判断をツール任せにすることである。ツールによる判断を信じるかどうかは置いておいて、これで多少の気が休まる。人工知能による品質管理ができてくれば、さらに責任転嫁をしやすくなるだろうが。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading