ニュース
» 2018年11月16日 07時00分 公開

東芝デバイス&ストレージ:カスタムSoC開発プラットフォーム「FFSA」に130nmプロセス製品を追加

東芝デバイス&ストレージは、高性能、低消費電力を低コストで実現する開発プラットフォーム「FFSA(Fit Fast Structured Array)」の新製品として、130nmプロセス製品を追加した。

[八木沢篤,TechFactory]

 東芝デバイス&ストレージは2018年11月13日、高性能、低消費電力を低コストで実現する開発プラットフォーム「FFSA(Fit Fast Structured Array)」の新製品として、130nmプロセス製品を追加したことを発表した。

 同日から順次受注活動を開始するという。

ASICよりも開発費を削減でき、短期間でのサンプル提供・量産が可能に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading