ニュース
» 2018年11月09日 07時00分 公開

高精度な状況認識が可能に:日立が音で稼働状態を認識するAI技術を開発、設備の自動診断サービス実現に向け

日立製作所は、周囲の雑音に影響されず音に基づいて高精度に状況を認識できるAI技術を開発した。

[八木沢篤,TechFactory]

 日立製作所は2018年11月5日、周囲の雑音に影響されず音に基づいて高精度に状況を認識できるAI技術を開発したことを発表した。

 同技術は、周囲環境から発生するさまざまな音(以下、環境音)や、周囲の物体および人から跳ね返ってくる音(以下、反響音)など、雑音が含まれる音を「音源の方向」や「音色の違い」といった複数の観点に基づいて分解し、分解された音を基に状況認識を行う。これにより、設備の稼働状態や人の活動状態を高精度に認識できるという。


音に基づく自動設備診断の実用化を目指し

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading