ニュース
» 2018年09月19日 07時00分 公開

導入事例:トヨタ自動車がギークプラスのSLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」を導入

ギークプラス(Geek+)は、国内初の工場内導入プロジェクトとして、SLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」をトヨタ自動車の自動車製造工場に導入したことを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 ギークプラス(Geek+)は2018年9月7日、国内初の工場内導入プロジェクトとして、SLAM(Simultaneously Localization and Mapping)式AI搬送ロボット「EVE500M」をトヨタ自動車の自動車製造工場(愛知県豊田市)に導入したことを発表した(関連記事:AI搭載ロボットによる次世代型物流倉庫――歩行作業を大幅軽減し、省人化を実現)。

EVE SLAM型(製品単体イメージ) EVE SLAM型(製品単体イメージ) 出典:ギークプラス

 従来、AGV(Automatic Guided Vehicle:無人搬送車)を用いて工場の生産ラインへ部品を供給する場合は、工場の床面などに鉄製レールや磁気テープを敷設する必要があった。しかし、この方式ではルートが単一化されてしまうため、経路変更が困難だったり、フォークリフトや作業員が通れなかったりといった課題があった。


ロボット自ら状況判断し、最適ルートを走行

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading