ニュース
» 2018年09月18日 07時00分 公開

オートデスク Autodesk Fusion 360:Fusion 360のラインアップがジェネレーティブデザインなどを含む高機能版に統合

オートデスクは、クラウドベースの3D CAD/CAM/CAEソフトウェア「Autodesk Fusion 360」のラインアップを2018年10月8日から変更すると発表した。具体的には、現在提供中のStandard版(標準版)とUltimate版(高機能版)のラインアップを1つに統合する。

[八木沢篤,TechFactory]

 オートデスクは2018年9月7日、クラウドベースの3D CAD/CAM/CAEソフトウェア「Autodesk Fusion 360」(以下、Fusion 360)のラインアップを同年10月8日から変更することを発表した。

 具体的には、現在提供するStandard版(標準版)とUltimate版(高機能版)のラインアップを1つに統合する。これにより、ジェネレーティブデザインなどを含むUltimate版のフル機能がFusion 360の全ユーザーで利用できるようになる(ジェネレーティブデザイン機能は商用ユーザーのみ利用可)。販売価格(税別)は、1年間のサブスクリプションライセンスで5万6000円(100クラウドクレジットを付与)になる予定だという。

 ちなみに現状の販売価格(同)は、1年間のサブスクリプションライセンスでUltimate版が18万2000円、Standard版が3万7000円だ。


既存ユーザーはどうなる? ラインアップ統合と移行イメージについて

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading