連載
» 2018年09月10日 09時00分 公開

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(8):野球「マジック」点灯のバグ(その1:問題編) (2/5)

[山浦恒央 東海大学 大学院 組込み技術研究科 非常勤講師(工学博士),TechFactory]

高校の期末テストとテストケース設計

 ソフトウェアのテストケース設計は、期末テストのような試験の問題作成方法に似ています。英文法の試験であれば、先生は以下のように想定して問題を作るはずです。

  • (1)生徒が基本的な英文法を理解しているか?

 例:動詞に「ed」をつけると過去形になる。「I develop a program」の過去形は「I developed a program」になる。

  • (2)生徒が変則的な文法も理解しているか?

 例:have → hadやtake → tookなど、変則的な変化をする動詞がある。

 先生はまず、生徒が基本を理解していることを確認する問題を作り、その次に、「takeの過去形をtakedと思っている生徒がいるかもしれない」と間違いや勘違いを予測し、それを検出するための問題を作ります。生徒の間違いや勘違いを想像し、予測できないと、テスト問題は作れません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading